フィジカルモーションとは、各関節の可動性を良くし姿勢の改善ができるようアシストする技術です。筋肉や関節の仕組みなど体の基礎からじっくりと学べます。

腹式呼吸

人は生まれた時から自律神経の働きで内臓の筋肉を動かして生命維持をしています。

浅い呼吸は交感神経優位・深い呼吸は副交感神経優位とされています。

横隔膜を使って肋骨を広げたり閉じたりする腹式呼吸。

副交感神経を優位に働かせると疲れも取れやすくなるので、深い呼吸の訓練が必要です。

The following two tabs change content below.
井本 尚光

井本 尚光

「姿勢が健康を作る」をモットーとし、接骨院・リハビリデイサービス・ミニデイサービスを運営しながら姿勢や正しい動き方から健康を作るための活動をしています。 関節運動学に基づいた「フィジカルモーション理論」は施術・体操・運動指導など全てに導入され、患者さん、利用者さんに長く支持されています。